目次

大人になるということ - 1日いっぽ、もう一歩さきへ(開発教育・国際交流・ボランティア) > 生き方に関すること

公正社会,国際理解教材や研修,形式,方法,セミナー講座の紹介。ファシリテーター講師による演劇,ダンス,音楽,写真を用いた進め方、まちづくりやアートセラピーの手法も。毎日少しの積み重ねがいつか大きな変化につながりますように。

記事一覧

ホーム > 生き方に関すること > 大人になるということ

大人になるということ

 最近、10年前に感じていた疑問がふとよみがえってきます。

 「大人になるっていうことは理不尽なこともすべて受け入れて表面上、何事もないようにふるまうことなのか」

 という疑問。

 どうなんだろう。

 私には…できないんだよな。。。
 それが今悩みの種。

 表面上、別に、つっかからなくてもいいじゃん!
 そんな人のことを考える暇あったら大事な人に時間使った方がいいよ!

 頭ではわかるんだけれど、理不尽なことがどうしても許せなくて、顔に出ちゃうのが分かる。
 本当は、心でどんなことを思っていたとしても、にっこり笑って、「そうですね。おっしゃる通りです。」って言えたら、どんなにか楽なのに。
 そういう顔しちゃうことで、チャンス逃してるな~って思うこと、たくさんある。。と思う。
 でも、これが昔から難しい。
 
 今日パートナー
 「それができたとしても、したくないんでしょ?表面上だけ繕うのがいやなんでしょ?だからしないんでしょ?」と言われ、まったくその通りで。

 これは父親譲りだからね、長年しみついてしまってるものなんだなー。
 おかしいと思ったことには立ち向かうし、正しいと思えば、絶対に翻したりしない父。
 難しい人だけど、でも、相手によって態度を変えたりしないし、他人に対しても、義理と人情は尽くす人。
 似すぎてけんかばっかり。反発ばっかり。
 でも、どこかで、芯を持って、それを貫く父を尊敬もしていて。
 父を理解してくれる人はそんなに多くはないけれど、でも、そうやって義理を尽くしてきたことは必ずどこかで返ってくるもので、時間はかかったけれど、ようやく理解してくれる人が出てきてる。
 
 そんな父を否定したくないし、表面上違うことを言ったり違うふうにふるまったりするのはなんだか父を裏切るような気持ちにもなる。
 父のしてきたことは間違ってないって、思うから、正直者が馬鹿を見るような世の中ではあってほしくないから、やっぱり同じようにふるまってしまうんだろうか。

 でも、損な性格だな~と改めて自分について考えてしまう。
 立ち向かわなければいいのに。
 別に放置しておけばいいのに。
 分かってるんだけど、できないんだなー。
 
 でも、周りの友達を見てて思う。
 もっと上手に物事を運んでいく方法を身につけないとなと。
 心を八方美人にするのではなく、自分の伝えたいことをきちんと伝える技術を、ね。

 大人になるということが、イコール世の中に妥協したり、理不尽なことを受け入れたり、感情を出さないということではない、と証明するためにも。理不尽なことも、方法によっては変えていけると希望が持てるようにするためにも。

 What's new Nov. 30th
Today, I went to NYC(National Youth Center in Yoyogi) to reflect our performance as a volunteer in Japan-ASEAN Youth Leaders' Summit from 31st Oct. to 3rd Nov.
I participated in the management of Discussion session in it.
During reflection, I got a lot of meaningful words from other volunteers, like "I got another perspective by taking part in it as a volunteer besides as a participant last year.I didn't realize so many people supported our discussion and how hard those volunteer activities were."
The biggest fruits of this experience for me is that I was able to be bold and jump into Foreign Participating Youth without hesitating. When I took part in it as one of participants, I couldn't be bold because of the lack of confidence or something like that. However, thanks to the support from our coordinator from Thailand, I was able to have courage and confidence to use English in order to give some instruction or explanation.
I really appreciate his support.
I also enjoyed talking with other volunteers.
There are many people who I think similar values.
Talking to them gave me a good opportunity to think about myself, also.

During volunteering, there are a lot of hard time, but I think it paid off thanks to them.
I got other good partners to make some action through this event.

 

 

 
 
 

 

コメント一覧